兵庫県加西市・西脇市・加東市・小野市の弁護士

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1 A・NOVA SANWA BLDG.402号室

加西法律事務所

閉じる
交通事故被害者の方は法律相談無料 土曜日・電話相談OK
0790-35-9160 タップして電話 メールで予約

遺言とは
遺言の種類を教えてください。
どの種類の遺言にすればいいのですか。

遺言の種類

遺言の方式には数種類の方式がありますが、多くは自筆証書による遺言と公正証書による遺言で作成されます。
普通遺言書は、①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言の3つの様式があり、それぞれメリットとデメリットがあります。

遺言の種類 メリット デメリット
自筆証書遺言
遺言者が自分で全文を手書きし、日付を書き、署名・捺印することで作成する遺言
・1人で作成できる
・遺言の存否も内容も秘密にできる
・作成費用が安い
・簡単
・手書きに限定される
・遺言の要件を欠きやすい
・変造、偽造される危険性が高い
・紛失の危険性が高い
・遺言書の検認の手続が必要
公正証書遺言
証人2人の立会いの下、公証人によって遺言者の意思を確認しながら作成する遺言
・確実に作成できる
・変造・偽造される可能性が低い
・遺言書の検認手続が不要
・字が書けなくても利用可能
・費用がかかる(公証役場の手数料、証人依頼代など)
・遺言の存否および内容が第三者(公証人・証人)に知られる
秘密証書遺言
証人の前に封書を提示するため、遺言の存在は明らかになるが内容は秘密にできる遺言
・遺言の存在を明確にして、その内容の秘密が保てる
・変造・偽造される可能性が低い
・手続きが複雑である
・紛失・未発見の危険がある

望ましい遺言とは

①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言の上記3つの様式の遺言のうち、最も多く利用されているのが自筆証書遺言、確実性の点から一般的に推奨されているのが公正証書遺言といわれています。
秘密証書遺言は、手続きが複雑でほとんど利用されていません。遺言の存在を明確にして、その内容の秘密が保てるという点、公証されているため変造・偽造される可能性が低いというメリットはありますが、紛失したり、発見されない恐れもあります。
特段の事情がない限り、自筆証書遺言、公正証書遺言のどちらかで作成することを考えればいいでしょう。

法律相談予約受付中 電話 メール

法律相談予約受付中

相続・遺言に関する法律相談予約受付中

こんなこと相談して良いのだろうか、明日にでもすぐ相談にのってくれるのだろうか等、初めての法律相談でご心配な方も、まずはお電話でご連絡ください。当事務所のスタッフが丁寧に対応いたします。
もちろん個人情報を含め伺ったお話が外部に漏れることは絶対にありません。

弁護士に電話で問い合わせる弁護士にメールで問い合わせる

相続・遺言

相続とは

相続人

相続財産

遺産分割

遺留分とは

遺言とは

他の分野でお困りですか?
加西法律事務所

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1
A・NOVA SANWA BLDG.402号室
0790-35-9160

電話する メールする