兵庫県加西市・西脇市・加東市・小野市の弁護士

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1 A・NOVA SANWA BLDG.402号室

加西法律事務所

閉じる
交通事故被害者の方は法律相談無料 土曜日・電話相談OK
0790-35-9160 タップして電話 メールで予約

相続財産
亡くなった父の事業を私が引き継ぎたいと考えています。どのような手続をとればよいですか。

事業の性質

事業を引き継ぐ場合、その事業の形態によって、相続の範囲と手続きが異なります。
事業が株式会社の場合、株式を相続することになります。
事業が有限会社の場合、出資の持分を相続することになります。
このように、会社の相続の場合は株式の名義書き換えだけでよいので、会社所有の不動産の名義を書き替えるといった煩雑な手続きをせずに済みます。相続が簡便なので、相続手続きのために事業が止まるといった恐れが少なくてすみます。
他方、個人企業を相続する場合は、一般の相続と同じような手続きが必要です。特許権、実用新案権、商標権、電話加入権、不動産、借地権・借家権、自動車、機械設備、債権、債務、場合によっては「店ののれん」など、相続財産ごとに個別の手続きが必要になります。

家業を経営する場合の手続き

被相続人の家業がある場合、相続することによって事業用の資産が散逸してしまうと、事業の経営が難しくなる場合があります。
このような事態を避けるために、「相続分皆無証明書」を用いて、資産を1人の相続人の単独名義にする方法が考えられます。具体的には、相続放棄と遺産分割協議書を利用して相続放棄の申述書を提出したり、相続人全員が署名押印した印鑑証明を添付して遺産分割協議書を作成するなどの手続きが必要になります。こうした手続が面倒で行えないという事情がある場合には、被相続人から生前に、進学などの学資金などで特別受益を得たので相続分はないといった証明書を作成して、相続分皆無証明書を利用する方法も考えられます。

法律相談予約受付中 電話 メール

法律相談予約受付中

相続・遺言に関する法律相談予約受付中

こんなこと相談して良いのだろうか、明日にでもすぐ相談にのってくれるのだろうか等、初めての法律相談でご心配な方も、まずはお電話でご連絡ください。当事務所のスタッフが丁寧に対応いたします。
もちろん個人情報を含め伺ったお話が外部に漏れることは絶対にありません。

弁護士に電話で問い合わせる弁護士にメールで問い合わせる

相続・遺言

相続とは

相続人

相続財産

遺産分割

遺留分とは

遺言とは

他の分野でお困りですか?
加西法律事務所

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1
A・NOVA SANWA BLDG.402号室
0790-35-9160

電話する メールする