兵庫県加西市・西脇市・加東市・小野市の弁護士

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1 A・NOVA SANWA BLDG.402号室

加西法律事務所

閉じる
交通事故被害者の方は法律相談無料 土曜日・電話相談OK
0790-35-9160 タップして電話 メールで予約

個人の場合
債務者が債務整理を申し出てきました。
どう対応すればいいですか

債務者が債務整理をしたい場合

債務者が債務整理を希望している場合、債権の回収収可能額は極端に少なくなります。
しかし、諦めてはいけません。
相手が破産すると告知してから手続き開始までに1年以上を要する場合もあり、その間に債権回収できる手段もあります。まずは専門家である弁護士にご相談下さい。

債務者が実際に破産手続きをした場合

相手方債務者が破産手続きを行ったら、債権者に通知が届くので、債権届を提出します。
これにより、換価可能な財産がある場合には、原則として按分で返済が受けられます。
破産前に、債権者が訴訟を起こしている場合には、訴訟は中断されることになります。

債務者が民事再生手続きを行った場合

相手方債務者が民事再生の手続きを行ったら、債権者に通知が届くので、債権届を提出します。
債務者が、通常再生の手続きを取っている場合には、訴訟は中断されますが、債権者が個人再生の手続き前に訴訟を起こした場合には、破産の場合と異なり、訴訟は中断しません。

債務者が任意整理の手続きを行った場合

相手方債務者が任意整理の手続きを行ったら、弁護士が債務者の代理人としてつくのが一般的です。そこで、債権者はその弁護士と交渉することになります。
任意整理の場合、債権者は、債権の全額を請求することが可能ですが、債務者が途中で破産・民事再生といった法的整理に切り替える可能性も考えられます。そこで、債務者の負債の総額や財産状況等を検討し、和解内容を検討することが有効です。

法律相談予約受付中 電話 メール

法律相談予約受付中

債権回収に関する法律相談予約受付中

こんなこと相談して良いのだろうか、明日にでもすぐ相談にのってくれるのだろうか等、初めての法律相談でご心配な方も、まずはお電話でご連絡ください。当事務所のスタッフが丁寧に対応いたします。
もちろん個人情報を含め伺ったお話が外部に漏れることは絶対にありません。

弁護士に電話で問い合わせる弁護士にメールで問い合わせる
加西法律事務所

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1
A・NOVA SANWA BLDG.402号室
0790-35-9160

電話する メールする