兵庫県加西市・西脇市・加東市・小野市の弁護士

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1 A・NOVA SANWA BLDG.402号室

加西法律事務所

閉じる
交通事故被害者の方は法律相談無料 土曜日・電話相談OK
0790-35-9160 タップして電話 メールで予約

残業問題
どんな場合に残業代を請求できますか?

残業代を請求できる場合

残業代は誰でも請求できます。会社の方針は関係ありません。
残業代について規定している「労働基準法」という法律は当事者の合意に関わらず、画一的に適用されるので、雇用契約や労働協定に残業代を支払わないと書かれていても請求できます。

残業代が発生する前提として、1日の労働時間が8時間を超えたり、1週間の労働時間が40時間を超えている方は、それを超過した時間帯の労働について残業代を請求することができます。

残業代が発生しやすい場合

裁判で残業代を請求する場合、勤務時間を証明する証拠や勤務条件等によって条件が異なります。しかし、下記のような人は残業代が発生しやすいと言えるでしょう。

  • 勤務する会社で出退勤の管理が行われていない人
  • 月給として固定の基本給と残業代以外の手当のみ支払われている人
  • 週6日勤務で、ひと月の休みが6日程度の人

上記にあてはまる方は、週休1日だったり、勤務時間が不規則なため、1日の労働時間が長時間に及ぶ傾向にあります。

法律相談予約受付中 電話 メール

法律相談予約受付中

労働問題に関する法律相談予約受付中

こんなこと相談して良いのだろうか、明日にでもすぐ相談にのってくれるのだろうか等、初めての法律相談でご心配な方も、まずはお電話でご連絡ください。当事務所のスタッフが丁寧に対応いたします。
もちろん個人情報を含め伺ったお話が外部に漏れることは絶対にありません。

弁護士に電話で問い合わせる弁護士にメールで問い合わせる

労働問題

残業問題

退職勧奨

不当解雇

雇止め

セクハラ・パワハラ

労災

労働審判

その他の労働問題

他の分野でお困りですか?
加西法律事務所

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1
A・NOVA SANWA BLDG.402号室
0790-35-9160

電話する メールする