兵庫県加西市・西脇市・加東市・小野市の弁護士

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1 A・NOVA SANWA BLDG.402号室

加西法律事務所

閉じる
交通事故被害者の方は法律相談無料 土曜日・電話相談OK
0790-35-9160 タップして電話 メールで予約

不当解雇
不当に解雇されました。
退職金を請求したいのですが、できますか?

不当解雇と退職金

不当解雇とは、使用者が労働者を解雇する際に定められている規定や手続を無視して一方的に解雇するなど、解雇権の汎用と判断される場合をいい、退職金とは、退職にあたって会社から支給される金銭のことを言います。

つまり、会社からの解雇が不当であるとして解雇の無効を主張しつつ、退職を前提とする退職金の支払いを求めることは、自ら退職を認めたことになり、矛盾が生じてしまいます。
真に不当解雇を主張するのであれば、このような矛盾する行動はとるべきではありません。これは、退職金だけでなく、解雇予告手当の支払いの請求も同様です。
このような行為を安易にとることは、事情によっては、使用者による合意解約の申し入れに対する承諾を裏付ける行動であるとして、合意解約の成立が認められる可能性もあります。

なお、会社側が一方的に解雇予告手当や退職金を振り込んできたような場合には、振り込まれた金員は、それ以降発生する未払賃金の一部に順次充当する旨を通知しておくとよいでしょう。

収入減に困った場合は

とはいえ、不当解雇されて、収入に困窮する場合もあるでしょう。そのような場合は、雇用保険では、受給資格者が解雇や退職等により失業した場合に、失業給付の支給を受けることが可能です。裁判で解雇の効力を争いながら、雇用関係の継続を主張する場合には、仮給付という形で失業給付を受給することができます。

法律相談予約受付中 電話 メール

法律相談予約受付中

労働問題に関する法律相談予約受付中

こんなこと相談して良いのだろうか、明日にでもすぐ相談にのってくれるのだろうか等、初めての法律相談でご心配な方も、まずはお電話でご連絡ください。当事務所のスタッフが丁寧に対応いたします。
もちろん個人情報を含め伺ったお話が外部に漏れることは絶対にありません。

弁護士に電話で問い合わせる弁護士にメールで問い合わせる

労働問題

残業問題

退職勧奨

不当解雇

雇止め

セクハラ・パワハラ

労災

労働審判

その他の労働問題

他の分野でお困りですか?
加西法律事務所

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1
A・NOVA SANWA BLDG.402号室
0790-35-9160

電話する メールする