兵庫県加西市・西脇市・加東市・小野市の弁護士

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1 A・NOVA SANWA BLDG.402号室

加西法律事務所

閉じる
交通事故被害者の方は法律相談無料 土曜日・電話相談OK
0790-35-9160 タップして電話 メールで予約

その他
私選弁護と国選弁護の違いは何ですか?

私選弁護と国選弁護

私選弁護人とは、本人やその親族が、自ら探して選任する弁護士のことを言います。
国選弁護人とは、名簿の中から機械的に選ばれる、国が選任する弁護人です。
私選弁護人と国選弁護人は、弁護人として事件を受任するまでの流れが異なります。
しかし、弁護人として弁護活動を行う上での、法律で定められた権限や、弁護活動に違いはありません。

国選弁護人はいつでもつけられるか

国選弁護人は、逮捕・勾留の時点で選任される「被疑者国選弁護人」と、裁判を受けることが決まってから選任される「被告人国選弁護人」に分けられます。

被疑者国選弁護人、被告人国選弁護人ともに、「貧困その他の事由により弁護人を選任できないとき」につけることができます。具体的には、現金やその他の資産を合計して50万円以上の経済力がある場合には、原則として国選弁護人を選ぶことができません。

また、被疑者国選弁護人は、逮捕された犯罪について法律で定められた刑が「死刑」「無期懲役・禁錮」「刑の上限が3年を超えている懲役・禁錮」の場合のみつけることができます。
また、被疑者国選弁護人は、勾留された場合にのみ選任できるので、逮捕された後に釈放された場合も付けることはできません。
被告人国選弁護人は、被疑者国選のように、刑罰の重さに限らず、また、自宅から刑事裁判を受けにでむくような場合でもつけることができます。

法律相談予約受付中 電話 メール

法律相談予約受付中

刑事事件に関する法律相談予約受付中

こんなこと相談して良いのだろうか、明日にでもすぐ相談にのってくれるのだろうか等、初めての法律相談でご心配な方も、まずはお電話でご連絡ください。当事務所のスタッフが丁寧に対応いたします。
もちろん個人情報を含め伺ったお話が外部に漏れることは絶対にありません。

弁護士に電話で問い合わせる弁護士にメールで問い合わせる
加西法律事務所

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1
A・NOVA SANWA BLDG.402号室
0790-35-9160

電話する メールする