兵庫県加西市・西脇市・加東市・小野市の弁護士

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1 A・NOVA SANWA BLDG.402号室

加西法律事務所

閉じる
交通事故被害者の方は法律相談無料 土曜日・電話相談OK
0790-35-9160 タップして電話 メールで予約

被害者対応
被害者に謝罪して示談するにはどうしたらいいですか?
(示談と被害弁償)

示談とは

示談をすることは、加害者側にとっては事件の隠し立てしないことを示し、被害者側にとっては刑事処罰を望まないことを示す意味があります。また、示談によって、被害が回復されたという証拠にもなります。
被害者がいる事件で示談をすることは、その後の手続きに大きな意味を持ちます。

示談のメリット

示談には、多くのメリットがあります。

留置場からの釈放される

示談が成立すれば、通常より早く留置場から釈放される可能性が高まります。特に親告罪(強姦罪、強制わいせつ罪、器物損壊罪など)は告訴がなければ起訴ができないため、示談して告訴が取り消された場合には、すぐに留置場から釈放されます。

不起訴になる

重大でない犯罪や一定の親告罪では、示談の成立により不起訴処分を獲得することができます。特に親告罪(強姦罪、強制わいせつ罪、器物損壊罪など)では、示談の際に告訴の取消しが得られれば、必ず不起訴処分となり前科がつくことを避けられます。

執行猶予の判決をもらえる

示談の成立は、刑事裁判で有利に判断してもらえるので、執行猶予の獲得に大きな影響があります。また、被害者側と示談をしたということは、反省の情と被害弁償の事実を示すことができるので、裁判官の心証を良くしてもらうことができるのです。

事件の解決に役立つ

示談をすることは、加害者と被害者の間で被害弁償の問題が解決したことを示す効果があります。そこで、将来的に民事裁判で損害賠償請求をされることを防ぐ効果もあり、今回の事件を一度に解決できる効果があります。

示談するには

示談しようにも、被害者側の情報を知らない場合が多いでしょう。また無理に個人で示談をしようとすると、脅しと捉えられて逆効果になりかねません。
弁護士なら、被害者側の承諾を得て、捜査機関から連絡先を聞いて示談を進めることができます。加害者に直接連絡先を教えたくないが、弁護士ならよいとう被害者の方も多くいます。弁護士が示談を行うことは、加害者・被害者の双方に事件の解決に役立つ効果があります。

また、示談の締結は、一度のチャンスなのでタイミングが重要です。例えば親告罪では、起訴された後に示談が締結されても、起訴を取り消して不起訴処分を下してもらうことはできないのです。

刑事事件を起こしてしまい、被害者の方に謝りたい、示談してほしいと思われる方は、まずは経験豊富な弁護士に相談されることをお勧めします。

法律相談予約受付中 電話 メール

法律相談予約受付中

刑事事件に関する法律相談予約受付中

こんなこと相談して良いのだろうか、明日にでもすぐ相談にのってくれるのだろうか等、初めての法律相談でご心配な方も、まずはお電話でご連絡ください。当事務所のスタッフが丁寧に対応いたします。
もちろん個人情報を含め伺ったお話が外部に漏れることは絶対にありません。

弁護士に電話で問い合わせる弁護士にメールで問い合わせる
加西法律事務所

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1
A・NOVA SANWA BLDG.402号室
0790-35-9160

電話する メールする