兵庫県加西市・西脇市・加東市・小野市の弁護士

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1 A・NOVA SANWA BLDG.402号室

加西法律事務所

閉じる
交通事故被害者の方は法律相談無料 土曜日・電話相談OK
0790-35-9160 タップして電話 メールで予約

量刑
刑を軽くするためには何をすることが有意義ですか。

刑を軽くするためには

真実犯罪を行ってしまった場合は、容疑を素直に認め、反省をして頂くことが第一です。
その後、起訴され、刑事裁判を受けることになった場合には、裁判官に対して有利な事情を伝え、理解してもらえるような弁護活動をおこなうことが重要です。

有利な事情とは

日本では、法律で「事実の認定は証拠による」と定められています。つまり、裁判で事実を認めるためには、証拠による裏づけがなければならないのです。
裁判で加害者側に有利になる証拠は、

  • ① 被告人の人が刑罰に問われないようにするための事情を示すもの
  • ② 被告人の人に対する刑罰をできるだけ軽くするための事情を示すもの

の2種類に分けられます。

① 刑罰に問われないようにするための事情を示す証拠

裁判で有罪になるには、検察官が、被告人が犯人であると証明しなければなりません。そこで、犯人ではないことを主張する場合には、検察官の証拠では事実が認められないことを示す証拠(目撃者の視力が悪いことを示す診断書等)を提出します。また、被告人が犯人ではないことを証明するためにアリバイの主張を行います。さらに、「正当防衛」にあたる事情や、被害者の同意があったことなど、特別の事情によって無罪であると主張する場合があります。

② 刑罰を軽くするための事情を示すもの

真実犯人であり、正当防衛などの事情も認められないために犯罪が成立する場合は、どのような刑罰を与えるのかを判断する「情状事実」を認定してもらうために、証拠を提出します。
まず、どのような事件かを判断するための「犯情事実」(どのようなことをしたのか、なぜしたのか、どんな被害が生じたか、共犯がいるときはどのような役割を果たしたか)を示します。
次に、刑罰をどうするかを決めるための「一般情状」(被害者対応、被害者の感情、反省の有無、家族環境、監督者の有無、前科の有無、社会的な制裁の有無など)を示します。

特に、刑罰を決める際には、被害者に謝罪や弁償をしたか、再び事件を起こすことがないといえるかが重要になります。

法律相談予約受付中 電話 メール

法律相談予約受付中

刑事事件に関する法律相談予約受付中

こんなこと相談して良いのだろうか、明日にでもすぐ相談にのってくれるのだろうか等、初めての法律相談でご心配な方も、まずはお電話でご連絡ください。当事務所のスタッフが丁寧に対応いたします。
もちろん個人情報を含め伺ったお話が外部に漏れることは絶対にありません。

弁護士に電話で問い合わせる弁護士にメールで問い合わせる
加西法律事務所

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1
A・NOVA SANWA BLDG.402号室
0790-35-9160

電話する メールする