兵庫県加西市・西脇市・加東市・小野市の弁護士

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1 A・NOVA SANWA BLDG.402号室

加西法律事務所

閉じる
交通事故被害者の方は法律相談無料 土曜日・電話相談OK
0790-35-9160 タップして電話 メールで予約

交通事故にあったら
なぜ弁護士に相談した方がよいのでしょうか?

交通事故の解決を当事者間で行うことは危険

交通事故の解決は、前提として、被害者と加害者の当事者間だけでも交渉を行うことができます。当事者間で話し合いを進めると、どうしても感情的になりがちで、交渉を複雑化してしまうおそれもあります。また、交通事故の解決のための手段は、示談交渉、調停、裁判など様々で、どのようなケースで、どのような方法を取るのが最良と言えるのかを、当事者で判断するのは困難です。さらに、特に相手方の保険会社が介入してきたような場合には、保険会社は交通事故の示談交渉を数多く扱っているプロですから、対等な交渉を行うのは難しいといえるでしょう。

弁護士に依頼した場合のメリット

では、なぜ弁護士に依頼した方がよいのでしょうか。
それは、弁護士に交渉を依頼すると、以下のようなメリットがあるからです。

弁護士に依頼するとスムーズな交渉が期待できる

当事者間の示談交渉が上手く進まない場合、最終的には調停や裁判などの法的手続きによって解決を図ることになります。しかし、このように第三者を介する公的な手段を取ろうとするとどうしても手続きが煩雑になりますし、紛争が長期化すると、手間も費用も相当な負担になってしまいます。

このような紛争の長期化を防ぐのに、弁護士に依頼して交渉の前面にたってもらい、「裁判を起こすことも選択肢の一つとして考えていますよ」という態度を相手方に示しながら交渉を進めることで、相手方に不当な要求をさせることを抑止し、無駄に長期化することを避けるのに有効です。もし、損害賠償について、第三者を介して争うということになると、相手方も裁判所に出向いて争うことになるため、このように事前に弁護士に依頼していることを示すことで、相手方に対して「自分は裁判にも対応できる専門家に既に依頼している」という姿勢を示し、話し合いが有利に進むという効果が見込めるという点があります。

また、このような心理的側面だけでなく、実際にも、こうした話し合いを行う場合、弁護士を代理人に選任して交渉を進める方がスムーズですし、最終的に受け取る賠償金額が多くなることも少なくありません。

更に、仮に実際に裁判などの紛争に至った場合でも、裁判所の基準に従って、適正な賠償を受けることができます。

弁護士に依頼すると、相手方の保険会社が介入しても対等な交渉が期待できる

保険会社は、自動車事故・交通事故における交渉のプロです。他方、交通事故の当事者が、これまでに交通事故の豊富な経験を有しているというケースは多くはないと思われますし、交通事故の経験は、ないに越したことはありません。

しかし、交通事故の示談においては、こうした保険会社と一般の当事者という両者の経験や知識の差が、実際の賠償額に大きな影響を与えるケースも少なくありません。
すなわち、保険会社が提示してくる支払い基準(任意基準)は、自賠責保険基準よりは高いものの、裁判所基準より大幅に低いのが通常です。これは、保険会社が支払う金額が少ないほど、保険会社の利益が上がるという理由によるものですが、当事者側としては、保険会社の提示する金額が正当な金額と思い込み、十分な賠償額を得られないにもかかわらず、巧みな交渉で納得させられて示談をしてしまう可能性があります。

しかし、弁護士に交通事故の示談交渉を依頼すれば、保険会社の提示する示談の金額を十分に検討して、裁判所基準を前提とした示談交渉を行うことができます。

また、当事者個人が交渉にあたる場合、仮に受け取る金額が少ないのではないかと疑問を抱いたとしても、訴訟を提起して争うには法的な知識も必要となることから、そこまですることには躊躇される方も多いでしょう。そこで、保険会社としては、被害者本人と交渉する場合には、被害者個人が訴訟を提起してまで損害賠償を請求するというリスクをあまり意識する必要がないため、強気の示談交渉を行いがちです。しかし、弁護士が代理人となって示談交渉を行う場合には、保険会社は、示談金額が不十分な場合には訴訟を起こされる可能性を十分認識しています。そこで、少なすぎる金額の提示を避け、裁判所基準に基づいた適正な金額で示談交渉を行うことが期待できるのです。

弁護士に依頼すると、精神的にも安心できる。

交通事故の当事者となった場合、事故のショックやその後の手続きなどで、精神的にも時間的にも負担がかかります。これに加えて、示談交渉や損害賠償を受けるのに、保険会社とも交渉をしなければならないとなると、その負担は相当なものとなってしまうことが考えられます。面倒な交渉から早く解放されたいあまり、不十分な賠償金額でも受け入れてしまうかもしれません。

しかし、弁護士に依頼すると、面倒な交渉は弁護士が行いますので、事故の当事者の方は、上記のような精神的ストレスから解放されます。弁護士は、あなたの味方として、適正な賠償額を得るために、プロとしての活動を行います。
交通事故の交渉については弁護士を依頼して交渉を任せることで、当事者となったご本人は安心して事故後の治療やその他の手続きを行えるというのも、大きなメリットの一つです。

弁護士に依頼する場合の注意点

このように、交通事故の示談交渉を行う場合、弁護士を間に入れることには大きなメリットがあります。他方で、弁護士に依頼する場合は、どうしても弁護士費用がかかります。
弁護士費用の負担と得られる利益のバランスを考慮して依頼するかどうか検討することをお勧めします。

法律相談予約受付中 電話 メール

法律相談予約受付中

交通事故に関する法律相談予約受付中

こんなこと相談して良いのだろうか、明日にでもすぐ相談にのってくれるのだろうか等、初めての法律相談でご心配な方も、まずはお電話でご連絡ください。当事務所のスタッフが丁寧に対応いたします。
もちろん個人情報を含め伺ったお話が外部に漏れることは絶対にありません。

弁護士に電話で問い合わせる弁護士にメールで問い合わせる

交通事故

交通事故にあったら

治療費、その他費用

休業損害

逸失利益

慰謝料

物的損害

過失相殺・素因減額

他の分野でお困りですか?
加西法律事務所

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1
A・NOVA SANWA BLDG.402号室
0790-35-9160

電話する メールする