兵庫県加西市・西脇市・加東市・小野市の弁護士

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1 A・NOVA SANWA BLDG.402号室

加西法律事務所

閉じる
交通事故被害者の方は法律相談無料 土曜日・電話相談OK
0790-35-9160 タップして電話 メールで予約

過失相殺・素因減額
過失割合はどのように決まるのでしょうか?

過失割合の決め方

交通事故において、加害者だけでなく被害者にも「過失」(=不注意)があった場合、加害者と被害者が追う過失の割合を「過失割合」と言い、この過失割合に基づいて、加害者が被害者に対して支払う損害賠償額を減額するルールを「過失相殺」といいます。

この「過失割合」は、実務上、「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準(判例タイムズ社)」に記載された、問題となる交通事故の態様や類型によって定められた基準が参照されています。

「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」には、起こり得る交通事故の類型として273件の類型が挙げられていますが(基準の改訂ごとに内容より件数は変更されます)、問題となっている交通事故が基準のどの類型に近いかを調べ、交通事故の状況から、基準に基づいて基本的な過失割合が認定されます。そしてさらに交通事故当時の状況や事情から「修正項目」に基づいて調整が行われ、過失割合が認定されるのが実務の一般的な流れです。

具体的事例

上記の考え方に基づいて具体的な事例に当てはめてみると、以下のようになります。

交通事故のケース

信号機のある交差点で、自転車と自動車の出会いがしらの衝突事故。
この時、自転車側が黄色信号で直進し、自動車が赤信号で直進していたケース。

過失割合の考え方

  • 上記の類型の過失割合の「基本割合」によると、自転車側:自動車側の過失割合は10:90とされているので、自転車側の過失が10%、自動車側の過失が90%という事になります。
  • この事故が、自転車側が赤信号に代わる直前に交差点に進入した場合は5%過失がプラスされるといった修正要素が加えられます。

算定される過失割合

  • 上記のような事情があった場合、自転車側の過失が15%(10+5)、自動車側の過失が85%(90-5)となります。

基本事例以外の特殊なケース

しかし、上記のような基本事例に当てはまらないケースも少なくありません。そのような場合は、できるだけ類似する事例を参照して過失割合を検討していくことになりますが、問題となっている事故の特殊性が増して、基本類型と乖離するほどに判断は難しくなります。

法律相談予約受付中 電話 メール

法律相談予約受付中

交通事故に関する法律相談予約受付中

こんなこと相談して良いのだろうか、明日にでもすぐ相談にのってくれるのだろうか等、初めての法律相談でご心配な方も、まずはお電話でご連絡ください。当事務所のスタッフが丁寧に対応いたします。
もちろん個人情報を含め伺ったお話が外部に漏れることは絶対にありません。

弁護士に電話で問い合わせる弁護士にメールで問い合わせる

交通事故

交通事故にあったら

治療費、その他費用

休業損害

逸失利益

慰謝料

物的損害

過失相殺・素因減額

他の分野でお困りですか?
加西法律事務所

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1
A・NOVA SANWA BLDG.402号室
0790-35-9160

電話する メールする