兵庫県加西市・西脇市・加東市・小野市の弁護士

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1 A・NOVA SANWA BLDG.402号室

加西法律事務所

閉じる
交通事故被害者の方は法律相談無料 土曜日・電話相談OK
0790-35-9160 タップして電話 メールで予約

慰謝料
傷害慰謝料はどのように算定されるのでしょうか?

傷害慰謝料

「傷害慰謝料」は、交通事故にあった場合に請求できる慰謝料のうち、おもに「入通院慰謝料」に関係する慰謝料になります。
入通院慰謝料は、交通事故を原因として医療機関への入院や通院をせざるを得なかったことによって生じた精神的損害に対するものです。入通院慰謝料額は、原則として入院や通院の期間に従って作成された算定基準に基づいて算出されますが、交通事故の事案に応じて増額事由がある場合や、けがを負った部位やけがの程度によって増額調整がなされる場合があります。

具体的な算出基準は、①自賠責保険②任意保険③裁判所で異なる基準が採用されています。

基準別の算出

① 自賠責保険による基準は、法律(自動車損害賠償保障法)で定められた自賠責保険制度による基準です。早く支払を受けられるというメリットがある反面、金額の上限があるので、事故で被った損害を、最終的に全て回復するのには足りません。
具体的には、1日4200円×実治療日数(実際に入通院した日数)×2で算出しますが、実治療日数×2が総治療日数(初診から治療を終了した日までの総日数)を上回る場合には、総治療日数が限度となります。
なお、自賠責保険に依る場合は、以下のような点に注意が必要です。

  • あんま、マッサージ、指圧師、鍼灸師の施術については、実治療日数のまま計算する。
  • 長管骨の骨折等によるギプス装着期間は、実診療日数として計算する
  • 最終治療日の診断書に、「継続」「転医」「中止」の記載がある場合には、総治療日数+7日で計算する(あんま、マッサージ、指圧師、鍼灸師は除く)。
  • 同一日に複数の医療機関で診療を受けた場合、治療日数は1日で計算する。

② 任意保険による基準は、保険会社ごとに独自に定める支払基準です。保険会社としては、保険金の支払額が少ないほど自社の利益が上がるので、自賠責保険をオーバーした損害をカバーしつつも裁判なら認められる基準(裁判所基準)より少額になりがちです。

③ 裁判所基準は、裁判になった場合に裁判所が下すと予想される判断をもとにした損害賠償額の目安です。法律上請求できる適正な賠償額と評価されるので自賠責・任意保険の基準より高額になります。
裁判所基準は、実際には公表されていませんが、実務的には日弁連交通事故相談センターが発行する「青本(交通事故損害額算定基準)」「赤い本(民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準)」と呼ばれる、実際に青色と赤色の表紙の本の内容がこれに適合していると言われています。「赤い本」には入院欄・通院欄を組み合わせた表が記載されており、ご自身の入院期間や通院期間に対応する金額を求めることになります。
なお、全国の裁判所ではこの「赤い本基準」に沿った内容で運用されていますが、大阪や名古屋などには独自の裁判所の基準があって金額が多少異なりますし、これは「基準額」であり、この金額が必ずしも裁判で認められるとは限らない点に注意しましょう。

法律相談予約受付中 電話 メール

法律相談予約受付中

交通事故に関する法律相談予約受付中

こんなこと相談して良いのだろうか、明日にでもすぐ相談にのってくれるのだろうか等、初めての法律相談でご心配な方も、まずはお電話でご連絡ください。当事務所のスタッフが丁寧に対応いたします。
もちろん個人情報を含め伺ったお話が外部に漏れることは絶対にありません。

弁護士に電話で問い合わせる弁護士にメールで問い合わせる

交通事故

交通事故にあったら

治療費、その他費用

休業損害

逸失利益

慰謝料

物的損害

過失相殺・素因減額

他の分野でお困りですか?
加西法律事務所

〒675-2311 兵庫県加西市北条町横尾313-1
A・NOVA SANWA BLDG.402号室
0790-35-9160

電話する メールする